Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.WEB、新種マルウェア対策を平均1時間で提供する新サービス - 標的型攻撃に対応

Doctor Web Pacificは、標的型攻撃などにより感染した新種マルウェアの駆除ツールを短時間で提供する新サービスを4月20日より提供開始する。

logodw1.jpg

「新種マルウエア駆除サービス・ツール」は、新種マルウェアに対応する定義ファイルを短時間で作成、提供するサービス。パートナーであるラックを通じて提供する。

インストールせずにマルウェアのスキャンや駆除が行える同社製品「Dr.Web CureNet!」を活用しており、他社のセキュリティ対策製品を導入している環境で利用できる。

同社では、定義ファイルの作成時間を「平均1時間以内」としており、24時間以内の提供を保証。標的型攻撃など一般的に出回らない個別に送信された新種マルウェアにも対応する。サービス料金は、PC100台に対し1年間する場合、40万円から。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習