Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立感染症研究所のサイトが改ざん - 感染症速報の配信に影響なし

国立感染症研究所のウェブサイトに不正アクセスがあり、一部改ざんされたことがわかった。現在暫定サーバで情報を配信している。

同研究所によれば、3月25日に内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)より指摘を受け判明したもので、同研究所は攻撃を受けたサーバを停止し、旧サイトを配信しているサーバへ暫定的に切り替えた。

改ざんされていたのは、同研究所のトップページで、情報漏洩やデータベースへの不正アクセスといった被害は発生していないという。

同研究所では、早急に対応が必要な感染症情報については暫定サーバで引き続き発信するとしているが、一部コンテンツが閲覧できない状況となっている。またサーバを共用している国立健康栄養研究所についても暫定サーバで配信している。

同研究所では、サーバの安全性を確認次第、早期に再開する予定で、セキュリティ対策も強化したいとしている。

(Security NEXT - 2012/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
ポータルサイト「長崎原爆の記憶」が改ざん被害 - 長崎市
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用