Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性検出技術「ファジング」の活用ガイドを公開 - 実証実験では深刻な脆弱性を発見

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性を検出する技術「ファジング」の活用方法をまとめたガイドをウェブサイトで公開した。

120328ip_01.jpg
ファジング活用の手引き

ファジングは、ソフトウェアへ問題を起こす可能性があるさまざまなデータを入力し、脆弱性を発見する技術。一部企業は同技術を活用しているものの、国内では普及が進んでおらず、同機構では2011年8月から「脆弱性検出の普及活動」を展開している。

今回公開した「ファジング活用の手引き」は、ファジングの効果や実践方法など開発部門や品質保証部門の担当者向けにノウハウを集約。1日程度でテストを実施できる手軽なオープンソースのソフトウェアなどを紹介している。

同資料では、実際に同機構が実施したファジングの実証結果を収録。ブロードバンドルーター6機種に「ファジング」を実践したところ、3機種から深刻な脆弱性を含むあわせて6件を検出した事例なども含め、わかりやすく説明している。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府