Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、スマホ向け「匿名認証技術」の共同研究を開始 - 2014年末までの実用化目指す

NECは、フランステレコムやマイクロソフトなど海外の企業、研究機関8社と、スマートフォン向け「匿名認証技術」の共同研究を開始した。

同技術は、公開鍵暗号技術およびゼロ知識証明技術を応用し、利用者の特定をせずに利用者が正当な権限を所有することを証明する技術。

従来のIDを用いた認証方法では、蓄積されたアクセス履歴や行動履歴が追跡できるため、個人情報漏洩のリスクがあるが、同技術では、利用者や機器のIDは匿名のまま、アクセス権限だけを確認できる。

従来よりスマートフォンではリソースが限られており同技術の活用が難しいが、同社ではフランス国立研究機構のプロジェクトに参加して共同研究を進め、非接触通信におけるセキュリティとプライバシーを暗号技術によって担保する匿名認証技術の開発を目指し、2014年末までに実用化を目指すとしている。

(Security NEXT - 2012/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
グラフや表を作成のWP向けプラグインに深刻な脆弱性
指紋認証対応、FeliCa対応ICカードを開発 - DNP