Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米MSら、ボットネット「Zeus」の制御サーバを差し押さえ

米Microsoftは、「Zeus」のボットネットで利用されているコマンド&コントロールサーバを差し押さえ、悪用されていたIPアドレスを停止させたことを明らかにした。

同社によれば、FS-ISACやセキュリティベンダーと連携して実施したコードネーム「オペレーションB71」と呼ばれる作戦を経て実現したもの。

「Zeus」は、感染したコンピュータからインターネットバンキングやオンラインサービスのIDやパスワードを盗みだし、外部へ送信するボットプログラムや、作成ツールの総称。ブラックマーケットで売買されており、Microsoftでは米国内で300万人、ワールドワイドで1300万人が感染し、被害額は5億ドルに及ぶと見ている。

今回の作戦は、マルウェアの「Zeus」ファミリーもちろん、「Spyeye」「Ice IX」の亜種などの操作にも利用されているボットネットに標準をあわせ、実行された。

数カ月の調査のち、3月19日に被疑者不明のままコマンド&コントロールサーバの停止について裁判所へ許可を申請。証拠保全のため、23日に2カ所で稼働していた物理的サーバの差し押さえた。さらに2件のIPアドレスを停止させている。

同社では、今回のテイクダウンにより、800のドメインが安全となったことを確認。またZeusへ感染した数千のコンピュータを把握できたという。

すべてのZeusボットネットを掃討したわけではないが、犯罪者に対して大きなインパクトを与えたと同社は説明。今回得た証拠や情報が、今後サイバー犯罪組織の弱体化やZeusに感染しているパソコンの復旧などにつながるとしている。

(Security NEXT - 2012/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健康産業支援施設サイトで個人情報が閲覧可能に - 山口県
脆弱性対策ベンダーが「Log4Shell」を「最悪の脆弱性」と評価した理由
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分