Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

採用応募者約5000人の個人情報を誤送信 - 京都信金

京都信用金庫は、2013年度の採用応募者4999人分の個人情報が記載されたファイルを、誤って採用応募者1人に送信していたことを公表した。

誤送信されたファイルには、2013年度の採用試験に応募した大学生4999人分の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、大学名および学部学科などが記載されていた。

3月19日、人事部担当者が採用応募者1人にメールで連絡した際、誤ってファイルを添付し、送信したもので、受信した応募者からの連絡で判明した。誤送信されたファイルは、同金庫担当者の立ち会いのもと削除された。

同金庫では、監督官庁へ事故を報告。対象となる学生に対し、個別に連絡し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
メールアドレスでスペルミス、異なる宛先に誤送信 - JA福岡信連
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
通知メール誤送信で応募者のメアド流出 - 東京・春・音楽祭
顧客1671人に送信したアンケートメールで誤送信 - 近鉄
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府
成績通知書ファイルを学生にメール誤送信 - 別府大