Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2011年下半期の注目すべき情報セキュリティ先端技術の動向を解説

情報処理推進機構(IPA)は、2011年下半期における「情報セキュリティ技術動向調査」を取りまとめた。

同調査は、「情報セキュリティ技術動向調査タスクグループ」により情報セキュリティ分野における先進の技術動向について話し合い、注目すべき話題について専門委員が解説したもの。

今回取り上げたテーマは、FreeBSD 9.0より実装された「capsicum」をはじめ、「NIST SP 800-63-1 電子認証に関するガイドライン」「OpenID Connect」「JOSE - ウェブオブジェクトツリーへのデジタル署名と暗号化」「非同期の他源泉リクエストとあらたな脅威」「クラウドコンピューティングセキュリティ - VXLAN/NVGREによるネットワーク分離」「インターネット経路制御のセキュリティに関する動向 - BGPSEC」の7件。

報告書は、情報処理技術者を読者として想定しており、同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2012/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
11月のDDoS攻撃は前月から微増、2.7時間にわたる攻撃も - IIJ調査
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
DDoS攻撃が前月から減少、最長だったのはmemcached反射攻撃 - IIJ調査