Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先でプリペイドカードの決済データ誤送信が発生 - トラベレックス

トラベレックスジャパンは、同社プリペイドカードの決済データが、業務委託先である米MasterCard Internationalから外部へ誤って送信されていたことを明らかにした。

誤送信されたのは、同社が発行している海外専用のプリペイドカード「キャッシュパスポート」に関する決済データ9523件。カード番号、取引金額、通貨コード、加盟店所在地などが含まれるが、これらの情報から個人を特定することは不可能だという。

2011年10月7日から2012年1月6日までの間、委託先であるMasterCardが、人的ミスによりMasterCardからライセンスを受けた銀行3行に対しデータを誤って送信していた。

MasterCardから誤送信先に対しデータの削除を依頼しており、情報の不正利用などは確認されていない。またプリペイドカードの利用にも影響はないとしている。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
メールアドレスでスペルミス、異なる宛先に誤送信 - JA福岡信連
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
通知メール誤送信で応募者のメアド流出 - 東京・春・音楽祭
顧客1671人に送信したアンケートメールで誤送信 - 近鉄
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府
成績通知書ファイルを学生にメール誤送信 - 別府大