Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でポーカー大会関係者のメールアドレスが流出

ポーカーゲームの国内トーナメントを運営するJapan Poker Tourは、案内メールの誤送信により、プレイヤーのメールアドレス216件を流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、3月5日16時ごろに一斉送信された案内メール。一斉送信の際には専用の配信システムを利用することになっていたが、誤って同システムを利用せずに送信し、送信先アドレス216件が表示された状態となった。14件は未着で、不正利用などは確認されていないという。

受信者からの指摘で判明したもので、同日中に対象者へ報告を行い謝罪。誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2012/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン
高校でメール誤送信、体験授業参加者のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で博物館担当者のメアド流出 - 東京都教育委員会
就職イベントの案内メールに学生リストを誤添付 - 富山県
宿泊施設従業員のメルアドリストをメール誤送信 - 兵庫県
衣料品ショップのメルマガで誤送信 - 顧客のメアド流出