Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

F-Secure、マルチデバイス対応の次世代型セキュリティプラットフォームを発表

F-Secureは、PCやモバイル端末などマルチデバイス環境に対応したセキュリティプラットフォーム「F-Secure Safe Anywhere」を、まもなくスペインで開催されるモバイル関連の展示会で発表する予定だ。

同ソリューションは、「Windows」や「Mac」にくわえ、「Android」「iOS」「Symbian」を搭載した端末を単一ライセンスで管理、保護できるプラットフォーム。ISPや通信事業者を通じて提供する。

同社のセキュリティサービス「エフセキュア プロテクション サービス コンシューマ」および「エフセキュア プロテクション サービス モバイル」が統合されており、マルウェアやスパム、フィッシングなどの脅威から端末やデータを保護することが可能。

通信事業者などは、自社ブランドとしてカスタマイズし、ユーザーに提供することも可能で、既存サービスへの付加サービスとして展開することもできるという。

同プラットフォームは、スペインのバルセロナで2月27日より開催される「Mobile World Congress 2012」において初公開となる予定。

(Security NEXT - 2012/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール