Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、DDoS攻撃対策サービスを6月より開始 - 防御時間による従量課金プランも

KDDIは、法人を対象としたDDoS攻撃対策サービスを、6月より提供開始する。月額固定にくわえ、従量課金プランも用意している。

「KDDI DDoS対策サービス」は、Arbor Networks製の対策製品により、公開しているサーバのアプリケーション層に対するDDoS攻撃を防御するサービス。同社のインターネット接続サービス「KDDIインターネットゲートウェイ」のオプションとして提供する。

固定課金プランのサービス料金は、10BASEが21万円、100BASEが42万円。別途初期費用21万円が必要。さらに防御時間の実績に応じた従量課金プランを用意している。ラックの緊急対応サービス「サイバー119」を優待価格を利用できる。

(Security NEXT - 2012/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DDoS攻撃の「自動緩和機能」を提供 - NTTコム
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム