Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6人分の生活保護関係書類一式が所在不明に - 大阪市

大阪市生野区において、6人分の生活保護記録簿6冊が所在不明になっていることがわかった。誤廃棄の可能性が高いという。

所在不明になっているのは、6人分の生活保護記録簿。戸籍謄本や住民票、資産申告書、預金通帳の写しなどを含む生活保護申請関係書類のほか、保護台帳や面接記録票、受領金口座振替依頼書など、生活保護関連の書類一式が含まれる。

1月19日、所定の保管場所から紛失していることが判明した。外部に持ち出した形跡がないとして、誤って廃棄した可能性が高いと説明している。同市では、関係者を個別に訪問して説明と謝罪を行った。生活保護の支給に関しては、影響ないとしている。

(Security NEXT - 2012/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政書類など誤廃棄や紛失など613万件が判明 - 神戸運輸監理部
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区