Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、中国法人向けフィルタリング製品のカテゴリを拡張

ネットスターは、中国市場で展開している法人向けフィルタリング製品「NetSTAR InterSafe」のカテゴリを拡張した。

同社では、従来同製品でフィルタリング用のカテゴリを中心に78カテゴリを提供してきたが、一般的なカテゴリなど追加し、115カテゴリに拡張したもの。

今回の機能強化で「医療」「法律」「ポータルサイト」「ビジネス」などのカテゴリを追加しており、組織内部におけるインターネットの利用傾向などをより詳細に把握できるようになった。

同製品のユーザーは、URLリスト更新時に自動更新される。また日本国内向けのアクセスログ分析用URLリストについては、今後、さまざまな製品やサービス向けで展開するとしている。

(Security NEXT - 2012/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加