Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エムオー、Android端末管理製品「LanScope An」を26カ国で発売

エムオーテックスは、Android端末の管理ソリューション「LanScope An」を、5月にリリースすると発表した。

120206mt_01.jpg
サービスイメージ(図:エムオーテックス)

同製品は、Android搭載へクライアントモジュールをインストールすることにより、ハードウェアやソフトウェアの管理、ログ取得、レポート機能などを利用できるソリューション。

通話先や通話時間、アプリの利用状況といった操作ログのほか、GPSによる行動ログを取得し、レポートを参照できる。またルールに違反した端末の警告や、トラブルの状況を把握できるセキュリティ機能を備えている。

また同製品とPC向け製品「LanScope Cat7」を組み合わせ、IT機器の資産情報や操作履歴を一元管理することが可能。

「Windows Azure Platform」を採用し、「Windows Azure Marketplace」を通じて世界26カ国で販売する予定。同社では販売より2年間で、30万ライセンスを販売し、4億円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も