Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年に発生した米VeriSignへの不正アクセスが明らかに

米VeriSignがサイバー攻撃を受け、社内ネットワーク内部に侵入されていたことが明らかになった。

2010年に製品とは関係ない一部のネットワークへ侵入を許したとして、同社が2011年10月に米国証券取引委員会へ報告書を提出したことが判明したもの。内部での報告が遅れ、経営陣が把握したのは2011年9月だったという。

同社は、2010年8月に認証事業を米Symantecに売却しており、現在ドメイン関連事業を展開しているが、今回の攻撃により、DNSへの侵害はなかったと報告している。

また今回の問題についてSymantecでは、同社が買収した認証事業に関し、攻撃による影響はないと説明。国内で認証事業を展開する日本ベリサインについても、顧客へ提供しているサービスに問題がないとの声明を出している。

(Security NEXT - 2012/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
ランサム攻撃で一部サーバが暗号化 - 車両用部品メーカー
埼玉県健康づくり事業団のX線読影システムがランサム被害 - 紙で対応
ランサムウェア被害で調査 - ほくやく・竹山HD
サイバー攻撃でサーバ内のデータにアクセス - ダイドーグループHD
2023年は1割の企業でランサムウェア攻撃を観測
サイトが改ざん被害、アラビア語の通販サイトに誘導 - 三浦工業
「弥生のかんたん開業届」で不具合 - データに他利用者情報
ランサム被害、顧客情報20万件が流出か - 大藤つり具