Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2010年に発生した米VeriSignへの不正アクセスが明らかに

米VeriSignがサイバー攻撃を受け、社内ネットワーク内部に侵入されていたことが明らかになった。

2010年に製品とは関係ない一部のネットワークへ侵入を許したとして、同社が2011年10月に米国証券取引委員会へ報告書を提出したことが判明したもの。内部での報告が遅れ、経営陣が把握したのは2011年9月だったという。

同社は、2010年8月に認証事業を米Symantecに売却しており、現在ドメイン関連事業を展開しているが、今回の攻撃により、DNSへの侵害はなかったと報告している。

また今回の問題についてSymantecでは、同社が買収した認証事業に関し、攻撃による影響はないと説明。国内で認証事業を展開する日本ベリサインについても、顧客へ提供しているサービスに問題がないとの声明を出している。

(Security NEXT - 2012/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大
サイトに脆弱性攻撃、会員メールアドレスが流出した可能性 - マリンネット
先週注目された記事(2024年3月31日〜2024年4月6日)
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、2名2団体を選出
JFEスチールとデロイトトーマツサイバー、セキュリティ会社を設立