Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

各省庁に委託サイトのセキュリティ対策徹底求める - NISC

内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)は、政府関係機関のセキュリティ担当者に対して、外部委託により構築や運用しているウェブサイトのセキュリティ対策を徹底するよう注意喚起を行った。

1月28日に、外部の事業者へ構築や運用を委託しているウェブサイトにおいて改ざんが発生したことが判明したことから、対応の徹底を求めたもの。

政府では、「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一管理基準」で、委託先におけるセキュリティ対策を契約に盛り込むよう定めている。

NISCでは、各省庁が政府統一基準に準じた実施基準に定め、個々の外部委託契約でセキュリティ対策を定めているか、またウェブサイトが適切に脆弱性対策が実施されているか確認するよう求めた。

(Security NEXT - 2012/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
ラスクショップに不正アクセス - 流出クレカ情報が不正利用の可能性
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性