Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニーの軽量暗号技術「CLEFIA」が国際標準規格に

ソニーは、同社が開発した共通鍵ブロック暗号アルゴリズム「CLEFIA」が、軽量暗号の国際標準規格「ISO/IEC 29192」に採択されたと発表した。

同暗号技術は、ブロック長が128ビットで、鍵長は128、192、256ビットから選択できるブロック暗号。最新の暗号設計理論をベースに、安全性とコンパクトな実装を目指して開発し、2007年に発表。ISO/IECへの標準化提案を進め、今回要件を満たして採択された。

ハードウェアとソフトウェアでの効率的な実装を同時に達成しており、リソースが限られた機器や省電力が求められる機器に応用することが可能。スマートカードやRFIDタグ、センサーネットワーク、医療機器などの利用も想定されている。

今後同社では、利用拡大に向け活動を展開。また同分野において引き続き研究開発を進めていく。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
パナ製映像セキュシステムの管理ソフトにRCE脆弱性