Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Media Player」の脆弱性に対する攻撃が発生 - 早急にパッチ適用を

情報処理推進機構(IPA)は、「Windows Media Player」における既知の脆弱性を悪用する攻撃を確認したとして注意喚起を行った。

「Windows Media Player」におけるMIDIファイルの処理に存在する脆弱性「CVE-2012-0003」を悪用する攻撃を確認したもの。

細工したMIDIファイルを埋め込んだウェブサイトへ誘導し、閲覧させることで脆弱性を攻撃することが可能で、攻撃を受けた場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、日本マイクロソフトが1月の月例セキュリティ更新プログラムとして公開した「MS12-004」ですでに修正されており、同機構では早急にパッチを適用するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
複数脆弱性を修正した「OpenSSL 1.1.1j」が公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
複数脆弱性を修正、「Chrome 88.0.4324.182」が公開
長年存在した「Microsoft Defender」の脆弱性が月例パッチで修正
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を