Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、「i-FILTER」にFFRのマルウェアDBを追加

デジタルアーツは、組織向けウェブフィルタリングソフト「i-FILTER Ver.8」における「脅威情報サイト」の分野を強化した。

従来よりマルウェアの通信先について、同製品のフィルタリングデータベースに「脅威情報サイト」として搭載しているが、あらたにフォティーンフォティ技術研究所のマルウェア対策データベースを追加した。

FFRのデータベースは、マルウェアがアクセスするC&Cサーバの情報を独自に収録したもので、同データベースの採用により、ボットマルウェアの感染をより早く発見できるようになった。今後デジタルアーツでは、FFRの製品やサービスとの連携を強化していく予定。

(Security NEXT - 2012/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断