Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows Packager」の脆弱性に注意、悪用が容易 - NTTデータ先端技術が検証

NTTデータ先端技術は、「Windows Packager」に存在する既知の脆弱性「CVE-2012-0013」に関し、悪用が容易であるとしてセキュリティ対策を呼びかけている。

同脆弱性は、日本マイクロソフトが1月の月例セキュリティ更新プログラム「MS12-005」で修正した脆弱性。深刻度は「重要」だが、悪用可能性指標は3段階中もっとも高い「1」となっている。

悪意ある「ClickOnceアプリケーション」を含む細工された「Officeファイル」をユーザが開いた場合、任意のコードが実行されるおそれがある。

NTTデータ先端技術は、同脆弱性の再現性について検証を実施。細工された「Wordファイル」を開かせることで任意のコードを実行させ、バックドア用のユーザーを追加し、システム制御を奪取できることを確認した。

同社では、同脆弱性の悪用を確認していないが、攻撃ファイルの作成は容易であり、簡単なプログラミングやバッチ処理の知識でカスタマイズが行えると危険性を指摘。

また細工されたファイルについて、セキュリティ対策ソフトで検知できない可能性もあるとして、今後注意していく必要があり、更新プログラムの適用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性