Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、ファイルサーバ向け遠隔バックアップサービスを提供

大塚商会は、大容量のデータを同社のデータセンターに遠隔バックアップするサービス「TWIN NASリモートバックアップサービス」を提供開始した。

同サービスは、同社の企業向けファイルサーバ「TWIN NAS」のデータを、同社のデータセンターにバックアップするバックアップサービス。1日1回夜間にデータセンターへ転送し、世代管理にも対応。誤って消去したファイルも、30日以内なら復元できる。

バックアップはVPNを使用せず、転送用サーバからインターネット経由で行われるため、回線費用を抑えられる。転送時のセキュリティも、転送用サーバとデータセンターでセキュリティを確保して、安全に転送する。

価格は、1Tバイトパックが月額6万3000円から。このほか、初期費用が必要。

(Security NEXT - 2012/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化