Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大塚商会、ファイルサーバ向け遠隔バックアップサービスを提供

大塚商会は、大容量のデータを同社のデータセンターに遠隔バックアップするサービス「TWIN NASリモートバックアップサービス」を提供開始した。

同サービスは、同社の企業向けファイルサーバ「TWIN NAS」のデータを、同社のデータセンターにバックアップするバックアップサービス。1日1回夜間にデータセンターへ転送し、世代管理にも対応。誤って消去したファイルも、30日以内なら復元できる。

バックアップはVPNを使用せず、転送用サーバからインターネット経由で行われるため、回線費用を抑えられる。転送時のセキュリティも、転送用サーバとデータセンターでセキュリティを確保して、安全に転送する。

価格は、1Tバイトパックが月額6万3000円から。このほか、初期費用が必要。

(Security NEXT - 2012/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能