Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAXA職員の端末にウイルス、宇宙船関連情報などが漏洩の可能性

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、職員が使用する端末にウイルスが感染し、端末内の業務情報やシステムの関連情報が外部へ漏洩したと発表した。

同機構によれば、2011年8月11日に職員が利用する端末1台で異常が検出され、同月17日にウイルス感染が判明。駆除したもののその後も異常が継続したことから調査を行っていたという。

その後2012年1月6日になって、当初とは別のウイルスにより情報収集された痕跡や、7月6日から8月11日にかけて、外部へ何らかの情報を送信していたことが判明した。

同職員は、宇宙ステーションへの物資補給機(HTV)の関連業務について担当しており、HTVの仕様や運用に関連する情報のほか、端末からアクセスした他システムのログイン情報や端末内のメールアドレスなども外部へ流出した可能性がある。

同機構では、同端末からアクセスできるシステムのパスワードを変更。漏洩した情報や原因など詳細について調べている。また他端末でのウイルス感染が発生していないかについても調査を進めている。

(Security NEXT - 2012/01/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル取り違え、ワクチン接種予定者リストを誤送信 - 埼玉県
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県