Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサーバがスパム配信の踏み台に - リクルートエージェント

リクルートエージェントは、同社のメールサーバがスパムメール配信の踏み台に利用されたことを明らかにした。メール配信の遅延など業務にも影響が出たという。

同社によれば、1月6日にメールサーバが不正中継に利用されていることが判明したもので、同社に対するメールや同社から顧客に送信するメールが、最大16時間遅延するなどの影響が出たという。

同社では、不特定多数のインターネット利用者へ迷惑をかけたとして謝罪。被害の影響について調査を進めているが、個人情報の漏洩などは発生していないと説明している。

(Security NEXT - 2012/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
ファイル送受信製品「FileZen」に脆弱性 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も