Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハのVPNルータがクラウド型フィルタリングサービスに対応

ネットスターは、フィルタリングサービス「サイトアンパイア2.0」が、ヤマハのVPNルータ「RTX1200」に対応したと発表した。

「RTX1200」では、旧バージョンの「サイトアンパイア」に対応しているが、2011年9月に同社がリリースしたクラウド対応型フィルタリングサービス「サイトアンパイア2.0」に対応したもの。

「サイトアンパイア2.0」では、アクセス状況を半年前まで分析することが可能なほか、危険なカテゴリへのアクセス時にメールで通知する「リアルタイム警報メール機能」など備えている。

利用にあたっては、「RTX1200」のファームウェアをリビジョンアップする必要がある。ファームウェアは、ヤマハのウェブサイトより無償で入手することができる。

(Security NEXT - 2012/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断