Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、ASP.NETにサービス拒否の脆弱性 - 更新プログラムを開発中

Microsoftは、ASP.NETにサービス拒否の脆弱性が存在するとして緩和策を公開した。同社では更新プログラムの開発を進めている。

ハッシュテーブルにおけるハッシュ値の衝突攻撃に関するあらたな手法が公開されたもので、同社製品における固有の脆弱性ではないとしつつも、「NET Framework」のすべてのバージョンに影響があるとして、同社は緩和策の実施などを呼びかけている。

同社によれば、ASP.NETのフォームで送信されたデータを処理する際に脆弱性が存在しており、細工されたデータが送信されるとハッシュテーブルの衝突が発生してパフォーマンスが低下、サービス拒否の状況に陥る可能性がある。静的なコンテンツのみ配信するサイトでは影響を受けない。

脆弱性について詳細情報が公開されており同社でも把握しているが、具体的な攻撃については確認していないという。

同社では、今回の脆弱性へ対応するセキュリティ更新プログラムの開発を進めている。また回避作を公開しており、脆弱性が与える影響について評価するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ