Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で氏名やアドレスを受信者間で閲覧可能に - トヨタホーム近畿

トヨタホーム近畿は、モニター募集メール52件を一斉送信した際、宛先の氏名とアドレスが表示された状態となるミスがあったと公表した。

同社によると、12月6日に「スマートハウスモニター募集案内」のメールを顧客52人に対し一斉送信した際、誤送信が発生したという。そのうち8件は未着だった。

操作ミスにより、受信者の氏名とメールアドレスが表示された状態となり、受信者間で閲覧可能な状態となった。同社では今回の事故を受け、メールを受信した44人の顧客に対し、報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

芸術学科公演会の案内メールで誤送信 - 近畿大
富士通のネット接続サービス、8カ月以上にわたり侵害か
メール送信ミスで自治会加入申込者のメアド流出 - 室蘭市
メール誤送信で資料請求者のメアド流出 - 放送大学
案内メールを「CC」送信、顧客のメアド流出 - 丹後瓦斯
教育実習予定者の情報をメールで誤送信、入力ミスで - 静岡県立高
メールに別人の氏名を記載、作成データにずれ - 大阪スポーツみどり財団
上下水道親子サポーターの登録完了メールを前年度登録者に誤送信 - 岡崎市
シンポジウム申込者宛のメールで誤送信 - 総合地球環境学研究所
「メール119番通報」のテストメールで誤送信 - 和泉市