Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティの注意喚起情報をTwitterで配信

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した情報セキュリティに関する脅威情報や注意喚起などを配信するサービスをTwitter上でも開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信するもの。

ウェブサイト上で注意喚起情報を配信できるサービス「icat」をすでに提供しているが、あらたにSNSサービス「Twitter」上でも情報提供を開始した。

Twitterアカウントは「@ICATalerts」で、フォローすることにより同機構が配信する緊急対策情報を購読できる。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールやSNSでの「偽求人活動」に注意喚起 - 西武HD
「Yahoo!ショッピング」の偽メールに注意 - 「注文キャンセルは本日中に」と不安煽る
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
傘専門ネットショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス