Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティの注意喚起情報をTwitterで配信

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した情報セキュリティに関する脅威情報や注意喚起などを配信するサービスをTwitter上でも開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を配信するもの。

ウェブサイト上で注意喚起情報を配信できるサービス「icat」をすでに提供しているが、あらたにSNSサービス「Twitter」上でも情報提供を開始した。

Twitterアカウントは「@ICATalerts」で、フォローすることにより同機構が配信する緊急対策情報を購読できる。

(Security NEXT - 2011/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
ライブラリ「XZ Utils」の一部バージョンに悪意あるコード
先週注目された記事(2024年3月24日〜2024年3月30日)
NTTドコモ、スミッシング攻撃の踏み台端末に注意喚起 - 7月上旬から
「SharePoint Server」の脆弱性悪用に要警戒 - 米当局が注意喚起
米当局、脆弱性3件の悪用に注意喚起 - FortinetやIvantiの製品が標的に
読売新聞装うメールに注意 - 著作権侵害と脅す内容
先週注目された記事(2024年3月3日〜2024年3月9日)
米当局、「TeamCity」の脆弱性悪用に注意呼びかけ