Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスやデータ漏洩に不安なスマホ利用者が5割超 - 2割はウイルスの存在知らず

スマートフォン利用者の半数以上が、ウイルス感染による不正利用やデータ漏洩に不安を感じている一方、ウイルスの存在をまったく知らないユーザーが約2割にのぼることがわかった。

情報処理推進機構(IPA)が、10月24日から同月31日にかけて国内で15歳以上のPCインターネットユーザーを対象に実施した「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」で明らかになったもの。有効回答数は5240件。

111220ip_01.jpg
スマホ利用時の不安要素(グラフ:IPA)

レポートによれば、スマートフォンの利用率は2010年10月の9.3%から18.6%へと上昇。年代別で見ると、20代が30.1%でもっとも多い。利用OSはAndroidが57.2%と半数以上を占め、iPhoneが39.1%。両者で9割以上を占める。

スマートフォンユーザーへ利用時に不安を感じることを聞いたところ、「スマートフォン本体の紛失、盗難」が61.4%で最多。また「ウイルス感染による不正利用」が55.3%と前年度調査の39.5%から大幅に上昇した。「データ盗難・漏洩」も増加し、52.3%だった。

(Security NEXT - 2011/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
フィッシングサイトが最多記録を更新 - 報告数も高水準
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も