Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第3四半期の新種モバイルマルウェアはすべて「Android」狙い - マカフィーまとめ

マカフィーは、2011年第3四半期の脅威レポートをまとめた。モバイル関連では、Androidを対象としたマルウェアが、ハイペースで増加していると指摘している。

同社によれば、過去を含めたマルウェア全体を見ると、依然として「Symbian」向けのマルウェアが最も多く全体の半数以上を占めている。

しかし伸び率ではAndroidが圧倒的で、前四半期から約37%増加。第3四半期に同社が確認したあらたなマルウェアは、すべてAndroidを対象としたものだった。

高額なSMSを送信するトロイの木馬は依然として多く作成されており、「Android/Wapaxy」「Android/LoveTrp」「Android/HippoSMS」などがあらたに発見された。感染すると購読サービスに勝手に登録するが、登録を気付かせないため登録確認メールを削除するなどの手口が確認されている。

同四半期は、改ざんされたアプリも多く発見された。「Android/PJApp」はSMSの送信だけでなく、端末に記録されているデータを可能な限り盗み出そうとするアプリ。

そのほか、ユーザーの会話を記録して情報を盗む「Android/NickiSpy.A」「Android/GoldenEagle.A」も見つかっている。

「Android/DroidDeluxe」「Android.ApkMon」は、ルートアクセス権を取得してメール、連絡先、SMSデータなどシステムファイルを盗むものだが、今後もこうした攻撃手法は継続して登場すると指摘している。

(Security NEXT - 2011/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
偽不在通知SMSをクリックするとどうなる? - 動画で紹介
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
2019年4Qの「JVN iPedia」新規登録は4434件、OS関連の登録目立つ
Androidセキュアコーディングガイドに改訂版 - JSSEC
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件