Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実被害も発生、IDやパスワードの管理に注意を - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、オンラインサービスに対し、大規模ななりすまし攻撃が発生しているとして、注意を呼びかけた。

ポイントサービスやオンラインバンキング、オンラインショッピングサイトにおいて、窃取したIDやパスワードを用いたと見られるなりすまし事件が発生していることから、インターネット利用者にセキュリティ対策の実施をあらためて呼びかけたもの。

同機構は、IDやパスワードが第三者に取得されるケースとして、「ウイルス」と「フィッシング」を挙げ、ウイルスの感染経路は、実在する機関を名乗る「標的型攻撃」をはじめ、メールの添付ファイルが一因であると説明。

さらにウェブサイト閲覧時にOSやアプリケーションの脆弱性を攻撃して感染する「ドライブバイダウンロード」攻撃があり、SNSサービスから言葉巧みに不正サイトへ誘導する手口もあると指摘している。

(Security NEXT - 2011/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会