Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ脅威情報を配信するサービス「icat」を開始

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」を開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を即時配信するもの。

ウェブサイトにJavaScriptのタグを挿入することで、IPAが公開した緊急対策情報の一覧をサイト上に表示することが可能。閲覧者や顧客に対して最新のセキュリティ対策情報を提供することができる。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
不正購入などと不安煽る「LINE Pay」のフィッシング - メディア記事の無断転載も
「Apache Log4j」にあらたな脆弱性 - アップデートがリリース
システム開発会社がランサム被害 - 自治体スマホアプリに影響
決済サービス「Paidy」を装うフィッシング攻撃に注意
米英豪など共同で「Log4j脆弱性」について注意喚起 - 産業制御機器でも対策を
今度は「朝日生命」、生保契約者狙うフィッシングに注意
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
「Movable Type」、10月の脆弱性対策が不十分で追加修正 - 至急アップデートを
ヤマダ通販サイトを装うフィッシング攻撃に注意