Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、セキュリティ脅威情報を配信するサービス「icat」を開始

情報処理推進機構(IPA)は、同機構が公開した脅威情報や注意喚起などを配信する「サイバーセキュリティ注意喚起サービスicat」を開始した。

同サービスは、サイバー攻撃やウイルス、不審なメール、脅威予兆、脆弱性情報など、同機構が公開した緊急対策情報や注意喚起を即時配信するもの。

ウェブサイトにJavaScriptのタグを挿入することで、IPAが公開した緊急対策情報の一覧をサイト上に表示することが可能。閲覧者や顧客に対して最新のセキュリティ対策情報を提供することができる。

(Security NEXT - 2011/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響