Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIら、iOSとAndroidに対応したMDMサービス - 個人の持込端末にも対応

野村総合研究所(NRI)とNRIセキュアテクノロジーズは、スマートフォンやタブレット端末を利用する組織向けに「モバイル端末管理サービス」を提供開始する。

同サービスは、AndroidやiOS搭載端末に対応した端末管理ソリューション。マルチキャリアに対応しており、業務用の端末だけでなく、個人の持ち込み端末も一元管理できる。

セキュリティ設定の一括配信や、不正アプリケーションの検出、端末紛失時の遠隔操作によるデータ消去、位置情報の把握など機能を提供する。Android端末については、独自の通信方式によりID取得が不要。

24時間体制のサポートをはじめ、紛失時に端末へのアクセスがなかったか確認するサービス、リモート操作が実行できない場合に端末の証明書を失効させる「端末認証サービス」など、オプションを用意した。

基本サービスの価格は、1端末あたり3600円/年から。

111122nr_01.jpg
サービスイメージ(図:野村総合研究所)

(Security NEXT - 2011/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド