Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFFTP」に不正アプリを実行する脆弱性 - 修正版が公開中

Windowsプラットフォームで人気があるFTPソフト「FFFTP」に、ユーザーが予期せぬアプリケーションを実行される脆弱性が判明した。FFFTP ProjectやJVNでは、アップデートを呼びかけている。

FFFTP Projectによれば、ファイルをメモ帳で開く際、検索パスの指定に問題があり、ファイルと同じディレクトリ上にある「「notepad.exe」を実行するおそれがあるという。

FFFTP Projectは、脆弱性が修正した「FFFTP 1.98b」を公開しており、同バージョンへアップデートすることで脆弱性を解消できる。また同バージョンでは信頼できないライブラリファイルの読み込みを防止する機能など追加されている。

(Security NEXT - 2011/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も