Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、iOS向けフィルタリングソフトを発売 - KDDIは青少年向けサービスに採用

デジタルアーツは、「iPhone」や「iPad」で利用できるウェブフィルタリングソフト「i-フィルター for iOS」を提供開始した。2012年1月31日まで無償で提供し、App Storeよりダウンロードできる。

同ソフトは、iOS搭載端末用のコンシューマー向けフィルタリングアプリ。PC向けウェブフィルタリングソフト「i-フィルター 6.0」をベースに開発されており、3G回線だけでなくWi-Fi通信のフィルタリングにも対応する。

またフィルタリング以外に、インターネットの利用時間を制限する機能や、アクセス状況を確認する機能、ブロックされたサイトの解除を申請する機能などを搭載。外部PCから設定変更や管理が行える。

KDDIとの協力により、期間限定の無償提供を展開。KDDIでは、青少年向けフィルタリングサービスに同製品を採用し、「iPhone 4S」を販売する際、利用者が未成年の場合には保護者へ同アプリの利用を推奨するという。

(Security NEXT - 2011/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加