Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソニックウォール、メールセキュリティアプライアンスの料金体系を見直し - サポートも強化

ソニックウォールは、メールセキュリティアプライアンス製品のライセンス体系を見直した。

同社では、スパム対策製品「SonicWALL Email Security 3300」「同4300」および「SonicWALL E-Class Email Security ES8300」を「Email Security Total Secureシリーズ」へ刷新。あらたなライセンス料金とサポート体制で提供する。

従来は、利用するユーザー数に応じて変化する料金体系だったが、あたらしいライセンス体系では、アプライアンスごとに料金が発生し、対応可能な範囲であれば、ライセンス数に関係なく利用できる。

最大500ユーザーが利用できる「SonicWALL Email Security 3300」の場合、100ユーザー以上で利用することにより、従来よりコストを抑えることができるという。

またサポート体制を強化。インバウンドメールに対する脅威からの保護を実現する「Email Protection Subscription」や、Kasperskyのメールウイルス対策ライセンスを標準で提供。「ハードウェア保守サービス」や「オンサイト保守」などを付属した。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化