Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ベリサインシール」が2012年4月に刷新、「ノートンセキュアドシール」へ

日本ベリサインは、同社SSLサーバ証明書などの利用者がウェブ上で掲載できる「ベリサインシール」を、2012年4月より「ノートンセキュアドシール」へ変更すると発表した。

111011ve_01.jpg
現行と移行後のシール

2010年8月に米VeriSignの認証事業が米Symantecへ譲渡されたことを受け、シールブランドを変更するもの。ベリサインマークのシンボルとなっている「チェックマーク」は引き続き利用され、「ノートンセキュアドシール」の下に「Powered by VeriSign」の文字が入る。

シールの変更は、全世界で一斉に実施するが、導入事業者における特別な作業は不要で、自動的に変更となる。

同社によれば、「ベリサインシール」はワールドワイドにおいて1日あたり6億5000万回表示されているという。同社では今回のブランド統合により、利用者へさらなる「安心感」の提供を目指す。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定