Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジンテックら、IPアドレスの脅威度測定サービスを開始

ジンテックとポートサイドは、アクセス元のIPアドレスについて脅威度を測定する「IPアドレス鑑定団ASPサービス」を10月下旬より提供する。

同サービスは、ECサービス事業者向けに提供する不正利用検知サービス。ECサービス利用者の登録した住所内容とアクセス元IPの所在地について整合性を確認し、申し込みが不正なものであるか測定する。

同サービスでは、サイト上からIPアドレスを入力して判定できるほか、APIにより自動的にIPアドレスを判定することも可能。国別の脅威度をもとにIPによるフィルタリングを行うことも可能。

月額利用料は、1万件までの処理が10万円。超過分は従量課金となる。同社では、2011年度中に5社への導入を目指してサービスを展開する。

(Security NEXT - 2011/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド