Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人気携帯ゲームのデータ130万人分を改ざんした男性が逮捕

警視庁は、元派遣先に不正アクセスし、携帯電話向けオンラインゲームのデータを不正に改ざんしたとして、不正アクセス禁止法違反と電子計算機損壊等業務妨害の容疑で、都内在住のシステムエンジニア男性を逮捕した。

同男性は、5月にグリーが提供しているオンラインゲーム「コーデマニア」の開発会社のサーバへ不正にアクセスし、同ゲームのユーザー130万人分のデータを改ざんするなど業務を妨害した疑いが持たれている。

逮捕された男性は、以前開発会社で派遣社員として勤務。供述によれば、業績評価に不満を持っており、契約終了前に不正アクセスするためのプログラムを設置していたという。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
ファッションブランド「MACHATT」の通販サイトに不正アクセス
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
新型コロナ検査キットに脆弱性 - 検査結果が改ざん可能に
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
園芸情報サイトが改ざん - 不正コードにより外部サイトへ誘導
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス