Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信防止製品「Active! gate」が暗号化機能を強化

トランスウエアは、メール誤送信防止製品「Active! gate」の添付ファイル暗号化機能を強化した。

同製品は、送信メールの一時保留、添付ファイルの暗号化やウェブ経由によるダウンロード方式への変更、BCC強制変換、送信拒否、時間差配信といった機能を備えたメール誤送信防止ソリューション。オプションにより上司承認機能も追加できる。

今回の機能強化では、添付ファイルの暗号化方式に「AES」と「7-Zip」を追加。標準で「Zip」「Zip(AES128ビット)」「Zip(AES256ビット)」「7-Zip」「7-Zip(ファイル名も暗号化)」「7-Zip(自己解凍)」の6パターンから暗号化方式が選択できるようになった。

また最新版では、利用者が暗号化方式を変更したり追加することが可能。独自の暗号化方式の追加にも対応した。

価格は、50ユーザーで企業向けのスタンダードライセンスが28万3500円から。教育機関向けのアカデミックライセンスが18万9000円からとなっている。

(Security NEXT - 2011/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東