Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類を電話ボックスに一時置忘れ - UR都市機構

UR都市機構は、職員が44人の個人情報を記載した書類を電話ボックスに置き忘れていたことを公表した。書類は1時間後に回収されている。

一時紛失していた書類は、土地、建物の全部事項証明書のコピーなどで、関係者32人の氏名と住所のほか、11人の名字、1人の氏名と勤務先住所および電話番号などが記載されていた。

8月5日午前中に職員が外出先から業務連絡を行うため公衆電話を利用したが、書類を電話ボックス内に置き忘れたという。約1時間、発見者からの連絡があり書類は回収された。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性