Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の書類を電話ボックスに一時置忘れ - UR都市機構

UR都市機構は、職員が44人の個人情報を記載した書類を電話ボックスに置き忘れていたことを公表した。書類は1時間後に回収されている。

一時紛失していた書類は、土地、建物の全部事項証明書のコピーなどで、関係者32人の氏名と住所のほか、11人の名字、1人の氏名と勤務先住所および電話番号などが記載されていた。

8月5日午前中に職員が外出先から業務連絡を行うため公衆電話を利用したが、書類を電話ボックス内に置き忘れたという。約1時間、発見者からの連絡があり書類は回収された。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報含むメモも - 長野市
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
約596万人分の個人情報持出、NTTドコモらに行政指導 - 個情委
キャッシュプラグインで設定ミス、無関係の個人情報を誤表示 - 東京テアトル
求職情報サイトが侵害、CMSプラグインの脆弱性突かれる - 日刊工業新聞
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収 - 伊勢崎市民病院
筆耕者が卒業証書の写真をインスタ投稿、匿名電話で判明 - 東京都
個人情報含む公文書など紛失、廃棄年度未記載で誤廃棄か - 三重県
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局