Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

商品発送伝票の紛失が未発着で判明 - 全国農協食品

全国農協食品は、顧客情報を記載した「商品発送伝票」の紛失が2件発生したと発表した。

同社によれば、6月29日に伝票枚数と商品のケース数があわないことから、顧客情報35件を含む発送伝票32枚の紛失に気がついたという。

また7月3日に、到着予定の商品が未着であるとの指摘を顧客から受け、未発送の商品が67件あることが判明。同数の顧客情報を含む商品発送伝票の所在が不明となっている。

いずれも顧客の氏名や住所、電話番号が記載されているが、同社では作業中の手違いで廃棄した可能性が高いとしている。今後は、伝票の取り扱いや受け渡しの管理を強化するほか、作業上の環境改善など、再発防止策に取り組む。

(Security NEXT - 2011/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の工事伝票を紛失 - 中部電力パワーグリッド
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
顧客情報含む書類を移送中に誤廃棄 - みちのく銀
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
預金や出資金の申込書などが所在不明 - 鹿児島相互信金
文書センターで約55万件の顧客情報を紛失 - 金沢信金