Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯端末狙いのフィッシング攻撃に注意 - 不正「WAP」サイトが増加

シマンテックによれば、携帯電話を狙ったと見られるフィッシング攻撃が7月に入って頻繁に確認されているという。

同社が月例で実施しているインターネットの脅威動向の調査で判明したもの。携帯電話向けサイトの配信に利用されるワイヤレスアプリケーションプロトコル(WAP)を利用した不正サイトの増加していた。

また携帯電話サイトのドメインとして利用されることが多い「.mobi」の悪用についても目立っていた。SNSや情報サービスのブランドを不正に利用するフィッシング攻撃が発生しており、個人情報を狙った犯行であるとして同社では警戒を強めている。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意