Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Android」のSSL証明書処理に脆弱性 - フィッシング攻撃のおそれ

「Android」のSSL証明書の取り扱いに脆弱性があり、フィッシング攻撃などへ悪用されるおそれがあることがわかった。開発者やセキュリティ専門機関、端末メーカーなどが注意を呼びかけている。

同OS 2.2よ以前のバージョンにおいて、ウェブサイトのSSL証明書を表示する際、外部サイトのSSL証明書を表示する脆弱性が判明したもの。脆弱性でウェブサイトを誤認させることが可能となり、フィッシング攻撃へ悪用される可能性があるため、アップデートを呼びかけている。

今回明らかになった脆弱性は、ビジネスインフォーメイションガーヴァンの大谷周平氏が発見し、IPAへ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2011/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
「Google Pixel」に2件のゼロデイ脆弱性 - アップデートを
スマートフォンアプリ「Yahoo! JAPAN」にXSSの脆弱性
最新Androidセキュアコーディングガイドに英語版 - JSSEC
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.49」を公開 - ゼロデイ脆弱性に対処
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性4件を解消
Android 14の変更点をカバー - セキュアコーディングガイド新版
MS、ブラウザ「Edge」の脆弱性を修正 - Android版は更新版を準備中
QNAP、アドバイザリ4件を公開 - 「QTS」の深刻な脆弱性など解消
「Google Pixel」や「SureLine OS」の脆弱性悪用に注意喚起 - 米当局