Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

夏期休暇前後は十分なセキュリティ対策を - IPAが注意喚起

情報処理推進機構(IPA)は、夏期長期休暇のセキュリティ対策について注意を呼びかけている。

長期休暇に新種のウイルスやあらたな脆弱性が判明したり、インシデントが発生する可能性もあることから、被害を未然に防いだり、拡大しないよう事前対策を呼びかけたもの。

企業のシステム管理者に対しては、休暇前に実施すべき対策として、OSやアプリケーションの脆弱性対策、セキュリティ対策ソフトの更新など、基本的な対策の実施について推奨。

さらに不測の事態に備え、業務委託先を含めた緊急連絡体制の再確認や、データ持ち出し時のルールの徹底、業務システムにおけるアクセス権限やパスワードの適切な管理について対策を呼びかけている。

企業における管理者以外のユーザーに対しては、休暇明けにPCを利用する際にOSやアプリケーションの修正プログラムの確認、セキュリティ対策ソフトの更新、休暇中に利用したUSBメモリなどのウイルスチェックを実施するよう求めている。

またコンシューマーについてもパッチの適用やウイルス対策など基本的な対策は同様だが、
業務データが保管されPCにおけるファイル共有ソフト利用や、SNSにおいて不審なリンク、ワンクリック詐欺などへ注意を促している。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
問い合わせ管理システムに不正アクセス、個人情報最大10万件が流出か - 白崎コーポレーション
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
サイトよりクレカ情報流出、不正利用された可能性 - 打楽器専門店
ドール通販サイトから顧客情報が流出 - 脅迫メールで判明
「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」にウェブ版 - 業界平均との比較も可能
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
バイト求人や従業員の情報がランサム被害 - パソナ子会社
クラウド設定ミスによる顧客情報流出で対象者を特定 - 琉球銀