Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Appleの「iDisk」を装ったフィッシング詐欺サイトが発生

Symantecは、Appleが提供するオンラインサービス「MobileMe」のファイルホスティングサービス「iDisk」を装ったフィッシング攻撃を確認したことを明らかにした。

110715sy_01.jpg
Symantecが確認したフィッシングサイト

同社によれば、問題のフィッシングサイトで誤ってパスワードを入力すると、アカウントが奪取されるおそれがある。またユーザーにフィッシング被害を気がつかれないよう、窃取した際に正規エラーページへリダイレクトするなど工夫していた。

さらに今回の攻撃では、ユーザーにフィッシングメールを正規のものと信用させるため、不特定多数に対するメールではなく、ユーザー宛に送信されたメールと見せかける手法を利用している。

具体的には、URLを工夫し、フィッシングページへアクセスした際に、あらかじめユーザーのIDが入力されるよう設定されていた。IDは、メールアカウントのユーザーを利用していた。

(Security NEXT - 2011/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
請求案内に見せかけた「So-net」を装うフィッシング
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社