Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイレージ会員の個人情報が外部から閲覧可能に、カード情報も - スカイネットアジア

スカイネットアジア航空のマイレージサービスにおいて、認証プログラムに不具合があり、最大700人分の会員登録情報が別の顧客から閲覧できる状態だったことがわかった。

不具合が確認されたのは、同社のマイレージサービス「ソラシド スマイルクラブ」の、携帯電話におけるログイン認証プログラム。7月4日に顧客から、モバイル検索サイトで関係ない別の顧客の個人情報が閲覧できたとの指摘があり、問題が判明した。

2010年10月1日から不具合を確認してサービスを停止した2011年7月6日まで、検索サイトから同社関連ページにアクセスし、特定の条件を満たしている場合、先にログインした別の会員に関する登録情報を閲覧できる状態だったという。

今回の不具合で、最大700人分の氏名、住所、電話番号、職業、ログインパスワード、メールアドレス、マイル数、クレジットカード番号、有効期限などが第三者に閲覧された可能性がある。

同社では、詳細について調査を進めており、システムを一時的に停止している。また閲覧の可能性がある700人へ個別に連絡するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研修申込者の個人情報をネット上に誤公開 - 埼玉県
イベント当選者のメアド流出、一斉送信機能に不具合 - アニメイトカフェ
「看板商品創出事業」で情報流出、アクセス権限の設定漏れで - 観光庁
通知裏面に別人の健診結果、印刷操作ミスで - 宮城県
全日本スキー連盟の会員管理システムに不具合 - 検索機能に不備
イベント申込フォームで他申込者の個人情報を表示 - 水戸ホーリーホック
匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示
会員サービスで個人情報を誤表示、原因はアップデートによるエラー - H&M