Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイレージ会員の個人情報が外部から閲覧可能に、カード情報も - スカイネットアジア

スカイネットアジア航空のマイレージサービスにおいて、認証プログラムに不具合があり、最大700人分の会員登録情報が別の顧客から閲覧できる状態だったことがわかった。

不具合が確認されたのは、同社のマイレージサービス「ソラシド スマイルクラブ」の、携帯電話におけるログイン認証プログラム。7月4日に顧客から、モバイル検索サイトで関係ない別の顧客の個人情報が閲覧できたとの指摘があり、問題が判明した。

2010年10月1日から不具合を確認してサービスを停止した2011年7月6日まで、検索サイトから同社関連ページにアクセスし、特定の条件を満たしている場合、先にログインした別の会員に関する登録情報を閲覧できる状態だったという。

今回の不具合で、最大700人分の氏名、住所、電話番号、職業、ログインパスワード、メールアドレス、マイル数、クレジットカード番号、有効期限などが第三者に閲覧された可能性がある。

同社では、詳細について調査を進めており、システムを一時的に停止している。また閲覧の可能性がある700人へ個別に連絡するなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト