Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、セキュリティコストの試算ツールを公開、Android版を用意 - 44.8%削減のケースも

トレンドマイクロは、企業におけるセキュリティ運用コストが試算できる「セキュリティコスト削減シミュレーションツール」を公開した。

同サービスは、セキュリティ対策の運用コストを可視化できるツール。従来型のセキュリティ対策からクラウドへ移行した場合のコストを比較できる。総従業員数やITスタッフの平均年間給料などの基本情報を入力するだけで、試算結果が表示される。

「アドバンスドモード」「カスタムモード」も用意。同社ウェブサイトから無償で利用できる。同社が実施した試算例では、従業員5000人の企業において、44.8%減となる3152万円のコスト削減となるケースを紹介している。

また同ツールのAndroidアプリ版をAndroid Marketにて公開した。iPhoneやiPadで利用できるiOS版については、7月中旬より提供する予定。

(Security NEXT - 2011/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
同じ「看板」掲げても異なるセキュリティ対策製品
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳