Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社でサーバへの不正アクセスが判明 - 任天堂

任天堂の米子会社において、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバ内の情報が流出していたことがわかった。

ハッカーグループ「LulzSec」が、同社サイトへ侵入したもので、通常のアクセスでは閲覧できないサーバの設定ファイルが公開された。同グループは今回の攻撃についてTwitterでも言及していた。

また同グループでは、米Sony Pictures Entertainmentに対しても、サーバへの不正侵入を行っており、顧客情報漏洩のおそれが6月3日に判明している。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
Dropboxの電子署名サービスに不正アクセス - 顧客情報が流出
サイトで閲覧障害、影響や詳細を調査 - メディキット