Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社でサーバへの不正アクセスが判明 - 任天堂

任天堂の米子会社において、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバ内の情報が流出していたことがわかった。

ハッカーグループ「LulzSec」が、同社サイトへ侵入したもので、通常のアクセスでは閲覧できないサーバの設定ファイルが公開された。同グループは今回の攻撃についてTwitterでも言及していた。

また同グループでは、米Sony Pictures Entertainmentに対しても、サーバへの不正侵入を行っており、顧客情報漏洩のおそれが6月3日に判明している。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
長岡京ガラシャ祭のサイトが改ざん - 外部サイトに誘導
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出