Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社でサーバへの不正アクセスが判明 - 任天堂

任天堂の米子会社において、ウェブサイトが不正アクセスを受け、サーバ内の情報が流出していたことがわかった。

ハッカーグループ「LulzSec」が、同社サイトへ侵入したもので、通常のアクセスでは閲覧できないサーバの設定ファイルが公開された。同グループは今回の攻撃についてTwitterでも言及していた。

また同グループでは、米Sony Pictures Entertainmentに対しても、サーバへの不正侵入を行っており、顧客情報漏洩のおそれが6月3日に判明している。

(Security NEXT - 2011/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
動物病院向け受付システムに不正アクセス - サービスが停止
サイバー攻撃でシステム障害 - 富士経済グループ
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性