Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゾンビPC最多国はインド、Android端末のボット化にも注意 - マカフィー調べ

ボット感染が原因で、犯罪者により不正にPCが操作されてスパムの送信などに利用されるいわゆる「ゾンビPC」について、稼働台数の国別ランキングをマカフィーが発表した。

5月にもっとも稼働数が多かったのが「インド」。「ロシア」「ブラジル」が続いており、上位BRICsの3カ国が占めた。一方稼働数が少ない国は、「フランス領ギアナ」がトップ。「マヨット」「クック諸島」が続いている。

同社は、こうしたゾンビPC経由でスパムの80%が送信されており、そのほかにもマルウェアの配布や攻撃の踏み台、フィッシングサイトの設置など犯罪に利用されていると指摘。一方で多くが被害にさえ気がついていない状況だという。

スパムを利用した感染活動が引き続き行われており、Android搭載端末で構成されたボットネットの構築を狙った動きも確認しているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
JSSEC、IoT利用動向の調査結果を発表 - 「IoTチェックシート」改訂版も
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか