Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dkim.jp、メール送信事業者向けにドメイン認証技術「DKIM」の導入資料を配布

Japan DKIM Working Group(dkim.jp)は、メール配信業務の受託やネット上でメール配信サービスを展開する事業者を対象に、DKIMを導入時の注意事項や参考情報などまとめた資料の提供を開始した。

「DKIM」は、メールの送信ドメインの正当性について電子署名技術を利用する認証方法で、送信元の詐称やメール本文の改ざんなど検知できる。

今回公開を開始した「送信事業者におけるDKIM 導入・運用について」は、ドメイン認証技術「DKIM」の導入方法や運用ポリシーをまとめ、導入を推奨する資料。同団体では、比較的DKIMの導入がしやすい送信事業者から導入を促し、利用を拡大したいとしている。

(Security NEXT - 2011/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応